母乳育児の悩み解消の鍵は「母乳の知識とママの気持ち」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ninpu

旦那様とめでたくゴールイン!
妊娠中は「母乳で育てたい」と思っていたけれど…
実際には「わからない事」「不安」がいっぱい

 

産後2年以内の先輩ママ200名に
「妊娠中、母乳とミルク、どちらで赤ちゃんを育てたいと
思いましたか?」
というアンケートを実施したところ、

「絶対に母乳で育てたい」と思っていたママが27%で
「なるべく母乳で」という方が66%
合計で93パーセントのママが母乳育児を望んでいた事が
わかったそうです。

ところが、母乳で育てたい気持ちは
産後その通りになりましたか?
との問いに対しては
「ならなかった」と答えたママが37%と
全体の4割近くにも登ります。

 

生後1~2ヶ月の時点で母乳だけで育てている人の
割合は44.8%
2~3ヶ月になると全体の42.3%になり
母乳育児が軌道に乗るとされる生後3ヶ月以前に
半数以上のママさんたちが、
母乳とミルクの併用による「混合栄養」や
ミルクのみの「人工栄養」に切り替えています。
(厚生省「乳幼児身体発育調査」より)

 

哺乳類であるわたしたちは、母乳で赤ちゃんを育てる
のが生き物として自然なはずなのに、何故
このような結果になるのでしょうか?

 

母乳育児を諦めた原因・悩み

母乳育児をあきらめてしまった原因で
一番多いのは「母乳不足」です。

 

ですが、本当に母乳は足りなかったのでしょうか?
実際は出ていたかもしれないのに、
様々な要因からそう思い込んでしまったケースも
考えられないでしょうか。

 

原発性乳汁分泌不全は産婦全体の2~5パーセント

米国の小児科医の発表によると、
ホルモンバランスの崩れや乳房の組織不全などにより
母乳が元からでない病気と言われる
「原発性乳汁分泌不全」は
全産婦のおよそ2~5%であるとしています。

 

ほとんどのママは本来なら母乳で赤ちゃんを育てる事が
でき、「母乳不足感」であることが多いのです。

 

多くのママが「母乳が不足している」と
思い込んでしまう原因には3つの事が考えられます。

 

1つ目は「赤ちゃんの未熟さ」
2つ目は「ママの乳房の状態」
3つ目は「医療側のサポート態勢の問題」
です。

 

同じ哺乳類の赤ちゃんでも牛や馬の赤ちゃんは
生後数時間のうちには立ち上がって、ママの乳房に
自分から吸い付きます。

 

母親はただ待っているだけで、勝手に授乳を
開始することができるのです。

 

ところが人間の赤ちゃんは脳の高度な発達により
頭部が大きくなり、体力的には、まだまだ未熟な
状態です。

 

ママは授乳のたびに抱きかかえ、乳首を吸わせなければ
なりません。

 

しかも、二足歩行をする人間の乳房は斜め横に
ながれるため、四足歩行の動物に比べて、
乳管が詰まりやすい特性を持っています。

 

人間の授乳生活には動物にないハンディがあり
その分労力が必要なのです。

 

産めば100%母乳で育てる事が出来ている
ほかの動物との違いは、そこにあります。
等サイトでは、ママたちが母乳育児をストレスに
することなく、哺乳類の中の「ヒト」として
自然に授乳生活を送れるように、
さまざまな角度から母乳育児での悩み・トラブルの
ヒントを掲載してまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。